「オンライン防災」のライブイベント案内より

“攻める”「オンライン防災」
3月6日にイベント

 新型コロナ感染拡大を機に発足した「オンライン防災」という名の、被災地メンバーによるFacebookグループ(仙台市拠点/黒田典子代表・防災士)がある。その「オンライン防災」が来たる3月6日、東日本大震災10年を機に、オンラインで防災を学び、広く交流、発信、企画提案を行うイベントを企画している。

 「オンライン防災」は2020年夏に発足してまだ1年に満たないが、同年9月に全国の防災士100名を対象に、防災士の活動に空白の時間をつくらないためのオンラインセミナー「コロナ禍で防災を伝えていくために」を開催した実績がある。
 同代表のフリーアナウンサー・黒田典子さんは2007年に防災士資格を取得、NPO日本防災士会支部であるNPO防災士会みやぎに所属して活動している。東日本大震災後に仲間とともに減災絵本「リオン」を製作して読み聞かせ活動を行い、2015年の第3回国連防災世界会議(仙台市)では「絵本を活用した幼児期対象の防災減災教育の実践」と題して成果発表も行っており、防災士としての活動・行動力は高く評価されている。

 3月6日のイベントは、「愛する人を守るために」と題し、ZOOMアカウントをチャンネルに見立て、「ぼうさいチャンネル」(家族防災・サイエンス防災・町内会防災・防災教育・マンション防災・防災情報収集など *予定)、「ふっこうチャンネル」(語り部による被災地のいま・被災地からの中継〜宮城県山元町、名取市、南三陸町、インドネシア、イタリア *予定)を設定。黒田さんはそのタイムテーブルの多くのコンテンツから、「自分と愛する人を守る術を知ることができるので、多くの人に参加してほしい」としている。

>>オンライン防災:自分の命は自分で守り、愛する人を守る術を知る

〈2021. 02. 09. by Bosai Plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です