RISCON受付

 「危機管理産業展 2020(RISCON TOKYO 2020/SEECAT‘20」(主催:株式会社東京ビッグサイト、特別協力 : 東京都)が10月21日〜23日の3日間、昨年4月に開設された青海展示棟(東京ビッグサイト。東京都江東区)で開催された(併催:「テロ対策特殊装備展(SEECAT)’20」)。

 同展は、「防災・減災」、「セキュリティ」、「事業リスク対策」の3分野 を柱に、危機管理分野を横断的に網羅した国内唯一・最大級の「危機管理総合トレードショー」として2005年から毎年開催、今回が16回目となり、この分野では抜群の知名度を誇る。国・地方自治体関係者をはじめ、重要インフラや商業施設、学校・病院、製造業など、多様な業界・業態の垣根を超えて、質の高い危機管理情報の交流・交換・商談の場となっている。

 同運営事務局の入場者速報では、3日間の延べ来場者数は1万609人(来場登録を行った人数。会期中1回のカウントとし、再入場は含まない)で、新型コロナ感染症蔓延下の開催とあって、昨年実績1万8486人からは大幅に減らした。
 今回は新型コロナ感染拡大防止に向けた厳密な対応指針のもとでの開催。全参加者・来場者に対して入場時にサーモグラフィー等を用いた体温測定を実施、マスク着用を求め、「密閉・密集・密接」を発生させない会場構成が図られた。また、オンラインでの事前来場登録、連絡用リストを作成、商談はオンラインによる事前・事後マッチングを採用、会場内に隔離スペースを設け、医師または看護師を常駐させ、感染防止に徹底した対策が図られた。

 いっぽう展示内容は、特別テーマとして「感染症対策」、「避難所運営・資機材」を設定して展示とセミナー連動で最新情報を発信した。近年大規模水害が頻発していることから、避難情報・対策関連の出展がとくに来場者を集めていた。

P5 3 検温 - 「危機管理産業展 2020」、閉幕<br>新型コロナ感染拡大防止を徹底
P5 4 デベロップ社ブース - 「危機管理産業展 2020」、閉幕<br>新型コロナ感染拡大防止を徹底
P5 5 PCR検査ブース - 「危機管理産業展 2020」、閉幕<br>新型コロナ感染拡大防止を徹底
P5 8 日本防災士会DSCF2628 1024x683 - 「危機管理産業展 2020」、閉幕<br>新型コロナ感染拡大防止を徹底

>>危機管理産業展 2020(RISCON TOKYO 2020/SEECAT‘20」

〈2020. 11. 01. by Bosai Plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です