酪農学園大学広報資料より「宮城県吉田川の洪水状況を人工衛星の画像」

 酪農学園大学(北海道江別市)農業環境情報サービスセンターの金子正美教授(環境GIS研究室)は、台風19号による各地の洪水の状況をGIS(地理情報システム)を用いて可視化するシステムを構築し、ネット上で公開している。
 このシステムでは、2019年10月に広域で被害をもたらした台風19号について、洪水前後の衛星画像を画面中央のバーを移動させることにより、浸水域を確認できる。また、大きく拡大すると背景図の地形図が現れ、地名を確認することができる。
 ちなみに同大・金子正美教授らは昨年(2018年)10月、胆振東部地震による被害状況を示す地図を作製し、被災地の厚真町や安平町に無償提供している。

>>酪農学園大学:GISで台風19号洪水状況を可視化

 以下、公開地域とリンク――
宮城県吉田川(大和町、大郷町、大崎市、松島町)」
宮城県阿武隈川(角田市、丸森町、柴田町、大河原町、亘理町、山元町、岩沼市、名取市)
福島県阿武隈川(須賀川市、鏡石町、矢吹町、玉川村、中島村、石川町)
埼玉県入間川(深谷市、熊谷市、鴻巣市、坂戸市、川越市)
茨城県那珂川(常陸大宮市、城里町、那珂市、水戸市)

〈2019. 11. 18. by Bosai Plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です