追手門学院大学新キャンパス
 対象住民約1万6千人

 追手門学院大学(大阪府茨木市)は、地域住民の一時避難場所になっている新キャンパス・茨木総持寺キャンパスで、地域・茨木市・大学連携による防災セミナーを11月17日に開催する。この防災セミナーは、一時避難場所になっている同大学の茨木総持寺キャンパスを地域住民に知ってもらい今後の災害時の避難、防災・減災に役立ててもらおうというもので、一時避難所としての防災セミナー会場を周知するユニークな試みとなる。
 一時避難所の対象住民は茨木総持寺キャンパス周辺の西河原小学校区約2100世帯と太田小学校区約4650世帯、合わせて約1万6000人で、セミナー当日は一時避難場所になっている大学棟・アカデミックアーク1階の出入口付近を確認するほか、啓発動画の上映や非常食の配布も行う。

一時避難場所ともなる追手門学院大学茨木総持寺キャンパス-大学棟・アカデミックアーク
一時避難場所ともなる追手門学院大学茨木総 持寺キャンパス-大学棟・アカデミックアーク

 追手門学院は昨(2018)年12月に茨木市と協定を結び、今年4月に開設した茨木総持寺キャンパスの大学棟・アカデミックアーク1階の出入口付近を、災害時の一時避難場所として開放。アカデミックアークは鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリート造5階建の逆三角推のユニークな形状で、上層階へいくほどせり出す構造。1階出入り口付近はちょうど軒下のようなスペースになっていて、建物の中に入らなくても雨をしのぐことができる。また、キャンパスの周囲には塀などはなく自由に出入ができるほか、地域とキャンパスをつなぐ通路も整備しており、地域連携と防災の新しい拠点となる。

>>追手門学院大学:地域・茨木市・大学連携による防災セミナー

〈2019. 11. 15 . by Bosai Plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です