危機管理マニュアルプロジェクトのメンバー

日本最高峰の防犯防災マニュアルの
配布・プロジェクト

 延べ1万人以上の警察官・自衛官などへ「国防・治安維持」に関わる技術講習を行ってきた田村装備開発株式会社が「子どもたちを護る」ことを目的としたクラウドファンディングを行い、開始6時間で目標金額の300万円を大きく超え、2日目にはその倍額となるなど、注目のプロジェクトとなっている。そのプロジェクトとは――

 同社によれば、「少子高齢化社会でまさに『子どもは国の宝』、子どもたちを護る社会をつくることは親世代の大きな役目。しかし、昨今は無差別殺傷や自然災害、交通事故など、子どもたちが被害に遭うケースがあとを絶たず、いつテロや戦争に巻き込まれるか分からない時代に突入した」とし、子どもたちを護るために、「大人の力で救い出す、そういった頼れる大人を日本中にたくさん送り出すことをめざす」としている。

元特殊部隊員らの防犯防災マニュアル配布プロジェクト広報資料より、子ども用マニュアルのラフ画

 同プロジェクトで作成するマニュアルの内容は多岐にわたり、「事件」「事故」「災害」「テロ」「イジメ」「薬物」など総合的な危機への対抗手段となる。大人が危機対応技能を身につけることにより、子どもたちから信頼されるヒーローになろうということだ。そして、これらの技能を応用すれば、子どもや非力な人でも、知識だけでも身を守れたり、自宅や学校で多少のトレーニングで習得でき、総合的な技術体系をつくることもできるという。

 プロジェクト・メンバーは語る。「私たちの専門は『戦闘』。凶悪な犯罪者に対抗するには、それを遥かに超える強制力が必要」と。その彼らによる、これまでに類を見ない“最高峰の危機管理マニュアル”が来年中に完成予定だという。

>>田村装備開発:警察・自衛隊の元特殊部隊等が集結して作る防犯防災マニュアル

〈2019. 11. 12. by Bosai Plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です