携帯電話なら最大50台のフル充電

”空気だけ”でスマホ最大50台フル充電が可能  

 昨年(2018年)9月の北海道胆振東部地震から約1年、道内全域で起こったブラックアウト以来、全国から問い合わせが絶えないのが、「災害・非常用発電地AETERNUS エイターナス」(以下、エイターナス)だ。

 「エイターナス」は、ガソリンや太陽光、風力、水などは一切必要とせず、保存袋を開封し空気に触れさせるだけで起動できる簡単で安全な仕組みで、これが支持され、官公庁では警視庁が導入、自治体では札幌市、高山市、川崎市、秦野市、世田谷区、港区の防災拠点に導入配備されたほか、ANA、JAL、日本生命、ソフトバンク、NTTドコモ、味の素、アサヒビールなど大手企業がBCP対策として導入を開始している(危機管理産業展2018で「防災製品大賞」を受賞)。

 この日本初の機能、空気で発電する発電池「エイターナス」(ラテン語で永遠の意)を搭載した空気亜鉛電池の販売を展開するのは株式会社ダブルエー・ホールディングス。水や食料と同じように「電力を配る」発想をコンセプトに、高齢者から子どもまで安全・簡単に使用でき、効率的な“第3世代の非常用電池”として注目される。

 現状、自治体が備えているのは扱いに知識が必要な「発電機」であり、燃料が必要で安全性にも問題があるうえにメンテナンスも必要、いざという時に電源が供給できないという懸念もある。いっぽう、最新の非常用電池「エイターナス」は、保存袋を開封して約3分で発電、インバータを通して100ボルトの電源が供給可能。コンパクトながら、スマートフォンなどの携帯電話なら最大50台のフル充電、ノートパソコンなら15時間、LED照明なら128時間、血液用冷蔵庫なら10時間という大容量の電気を出力する。

 ダブルエー・ホールディングスは、水や食料と同じようにエイターナスが備蓄必需品となり、AEDとともにエイターナスが街なかに設置される姿をめざしているという。

>>災害非常用発電地 AETERNUS(エイターナス)

災害・非常用電池「エイターナス」は、携帯電話なら最大50台のフル充電が可能だ

〈2019. 09. 10. by Bosai Plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です