スマートフォンの「LIVE-JAPAN-PERFECT-GUIDE-KANSAI」

「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE KANSAI」

訪日客へ最大級の情報サービス関西版 災害情報タイムラインも

 近畿地方を中心に地方自治体や経済団体でつくる関西観光本部(大阪市)は去る7月24日、訪日外国人客向けにリアルタイムで関西の観光情報を発信するインターネットサービス「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE KANSAI」(以下、「LJPG KANSAI」)を開設した。

 日本最大級の訪日外国人向け観光情報サービス「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE」の関西版である「LJPG KANSAI」は、2016年4月の東京版オープンから3年で年間利用者数3500万人を誇るサイトに成長している。東京版、北海道版に続き、西日本では初となる第3弾となる。

 「LJPG KANSAI」でも観光施設や飲食店のイベント、空席状況、割引情報のほか、災害時は帰宅困難者の受け入れや炊き出しなど支援情報も伝える。

 同プロジェクトの事務局は、関西観光本部と大阪市高速電気軌道株式会社(大阪市)、南海電気鉄道株式会社(大阪市)、西日本旅客鉄道株式会社(大阪市)、阪急阪神ホールディングス株式会社(大阪市)、株式会社ぐるなび(東京都)の6社・団体で構成されている。新たに開設されたインターネットサービスは、それぞれが持つ資源やネットワークを活用・連携して関西の魅力を訪日外国人向けに発信しようというもの。

 国際的なスポーツイベントや大阪・関西万博の開催、そして「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産登録が決まり、さらなるインバウンドの発展が期待される関西エリアだが、いっぽうで、訪日外国人の来訪・宿泊が大阪市と京都市への二極集中になっているという課題も抱えていることから、「LJPG KANSAI」ではこれまで東京版、北海道版で蓄積したノウハウを活かし、他エリアの魅力も積極的に発信していくことで関西広域への周遊を促すという。

スマートフォンの「LIVE-JAPAN-PERFECT-GUIDE-KANSAI」
スマートフォンの「LIVE-JAPAN-PERFECT-GUIDE-KANSAI」

 「LIVE JAPAN」には、日本の文化や観光情報を国別ユーザーの嗜好に合わせて記事や動画で配信する「情報コンテンツ」、正確で詳細な今の情報を多言語で配信する「LIVE情報」、日本滞在中に役立つ様々な「便利機能」の3つの特徴がある。さらに「LJPG KANSAI」のオープンにあわせて、「便利機能」のひとつである「災害情報一元化サイト」をリニューアル、災害発生時には掲載施設自らが登録可能な災害支援情報を多言語で発信できる新機能「災害情報タイムライン」を追加し、自治体の防災ページや公共交通機関の交通情報のリンクを掲載。災害発生時には帰宅困難者の受け入れや炊き出しなど支援情報も伝える。

 掲載施設自らが登録可能な災害支援情報を多言語で発信できる機能も追加して訪日外国人が安全・安心に旅を楽しめる環境を整えた。

 事務局は現在の6社・団体に加え、今後も同事業に賛同する関西の企業などを応援パートナーとして迎え入れる方針。「事務局および応援パートナーが力を合わせて利便性の高いサービスの提供に努め、一人でも多くの訪日外国人に関西の魅力を発信していくことで、関西の観光振興目標である2020年訪日外国人1800万人に貢献していく」としている。

>>関西観光本部:「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE KANSAI」のグランドオープン

〈2019. 08. 08. by Bosai Plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です