理経の「避難体験-土砂災害VR」より

~大学・自治体と共同開発した災害体験・訓練用VR~

 IT及びエレクトロニクス業界のソリューションベンダーとして知られる株式会社理経(東京都新宿区)が、東広島市消防局、広島大学と共同開発したバーチャルリアリティ(VR)を活用した土砂災害体験・訓練用コンテンツの提供をこのほど、開始した。

 新製品は、2018年7月に発生した西日本豪雨災害における東広島市消防局と広島大学防災・減災研究センターの研究を活用し、土砂災害発生に起こり得る事象をVR空間上で再現し たもの。豪雨による土砂災害を対象とした大学・自治体・民間企業の共同開発としては全国初 の災害体験VRだとしている。

理経の「避難体験-土砂災害VR」より
理経の「避難体験-土砂災害VR」より

 特長としては、VRゴーグルを使用し、360度の臨場感あふれる映像を体験できること(のぞきこむ、しゃがむといった動作も可能)。体験シナリオ制作では、豪雨被災者を取材して、実体 験に基づいて土砂災害発生状況を再現したという。

>>理経:土砂災害を疑似体験可能なVRコンテンツの提供を開始

〈2019. 06. 02. by Bosai Plus〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です