《本紙特約リポーター:片岡 幸壱》

 「阪神大水害デジタルアーカイブ 公開イベント」(主催=阪神大水害80年行事実行委員会)が去る11月24日、兵庫県看護協会(兵庫県神戸市中央区)で開催され、生徒、学生、一般、当日参加などを含む約370人が参加した。

 1938年(昭和13年)7月に神戸市を中心に六甲山地で死者・行方不明者695人の被害をもたらした「阪神大水害」から80年が経過した。同イベントは、「個人の記憶を社会の記憶に」をスローガンに「阪神大水害デジタルアーカイブ」を広く社会に周知し、教訓を次世代へとつなぎ、防災意識向上させることを目的として開催。会場ではアルバム、資料の展示も行われた。

■講演

近年の豪雨災害について語る沖村氏の講演模様

 久元喜造・神戸市長などによる主催者・来賓挨拶の後、沖村 孝・神戸大学名誉教授が「阪神大水害と近年の豪雨災害について」をテーマに1938年(昭和13年)、1967年(昭和42年)、2018年(平成30年)の豪雨の違いなどを取り上げて「普段から備え・訓練・市民のリスク認知向上への取り組みが重要だ」と述べた。


デジタルアーカイブについて語る浦川氏の講演模様

浦川 豪氏(兵庫県立大学大学院・減災復興政策研究科・准教授)が「阪神大水害デジタルアーカイブ その意義と活用に向けて」をテーマに「国民誰もがインターネット等を通じて容易に利用(加工、編集、再配布等)できるよう公開されたデータを多くの人が活用することで、フィールドワーク支援ツールなど、活用アイデアが集まるのではないか」と語った。

■体験談(私の体験した阪神大水害)、研究発表(私たちが知ることのできた阪神大水害)

 当時、北野小学校(神戸市中央区)、湊川高等実業女学校(神戸市灘区)で被災したゲストの体験談が語られた。

 神戸市立住吉中学校 生徒会有志(住吉川流域)、神戸市立渚中学校防災ジュニアリーダー(都賀川、新生田川流域)、神戸常盤女子高等学校 生徒会有志(新湊川流域)が「災害記憶の発掘プロジェクト」に参加し、学習の一環として体験者のインタビュー、現地調査などに取り組んだことを発表した。

 神戸常盤女子高等学校(木村光雄校長)は、長田神社の現地調査・体験者の聞き取り・学校周辺の被災写真収集などに取り組み「今回の調査を通じて、普段から災害に対して危機感を持つことが大切だと感じた」と報告した。

■「災害体験の記憶を後世に残す」重要性

 阪神大水害デジタルアーカイブの「災害体験の記憶を後世に残す」という事業の重要性を改めて認識した公開イベントだった。また、阪神大水害から80年という年数の重みを更に強く感じた。

 阪神大水害を知らない世代が、体験談・災害記録映像などを活用することで、知識・関心度が高まり、将来の災害の備え・避難行動に活かされることを期待したい。

▽本紙特約リポーター:片岡 幸壱

神戸市在住。中学2年のとき阪神・淡路大震災に遭遇、自宅は全壊したが家族は全員無事避難。学生時代より取り組んでいる防災を仕事と両立しながら、ライフワークとして、ユニバーサルデザイン(UD)などのイベント・ボランティア参加を続けている。聴覚障害を持つ防災士としても活躍中。

▼本紙関連記事:

>>防災情報新聞:伊藤和明のインサイト・アウト No.134「阪神大水害(その1) 記録的な豪雨災害」

>>防災情報新聞:伊藤和明のインサイト・アウトNo.135「阪神大水害(その2)  「細雪」に見る災害」

▼参考リンク:

>>阪神大水害デジタルアーカイブ

>>兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科

>>神戸市立住吉中学校

>>神戸市立渚中学校

>>神戸常盤女子高等学校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です