防災科研:「内水氾濫リスク」の表示例

検証のため「身近な災害リポート」を一般から募集

 国立研究開発法人防災科学技術研究所が、洪水や土砂災害のリスクを一人ひとりが把握し、適切な判断や行動を支援する「災害リスクが一目でわかるマップ」を試験公開、同時に「身近な災害リポート」を募集中だ。

 公開するのは、雨量と災害の起こりやすい場所の情報を重ね合わせることで洪水や土砂災害のリスクの高い場所を視覚的に示す「リアルタイム洪水・土砂災害リスク情報マップβ版(災害リスクが一目でわかるマップ)」(下図参照)。試験公開期間は6月19日から10月末日。

P5 3a 防災科研:「内水氾濫リスク」の表示例 - 防災科研 <br>「災害リスクが一目でわかるマップ」 <br>試験公開
防災科研:「内水氾濫リスク」の表示例
P5 3b 土砂災害リスク「土砂災害警戒区域」の表示例 - 防災科研 <br>「災害リスクが一目でわかるマップ」 <br>試験公開
土砂災害リスク「土砂災害警戒区域」の表示例

 同時に、広く一般からの道路冠水や住宅浸水に関する情報提供(身近な災害リポート)を募集している。これは同マップが、実際の浸水・土砂災害などの災害を適切に示しているかを検証するために行なうもので、今後は、試験公開と検証を踏まえながら、各種組織の防災担当者をはじめ、一般の人にも、災害リスクに備えて適切な判断や行動を起こすための情報として活用されることをめざす。

>>防災科研:「リアルタイム洪水・土砂災害リスク情報マップβ版」

>>情報提供:気象防災参加型モバイルサービス「ふるリポ!」

〈2020. 09. 16. by Bosai Plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です