災害食大賞2019表彰式

食べやすさ、保存しやすさ、
栄養バランスなどで選考

災害食は進化した!「うまみ」、「アレルギー対応」、
「ハラール対応」など、多様化

●訪日外国人やインドバウンドに対応する災害食部門も

  防災安全協会主催による「災害食大賞©2019」が決定し、去る6月6日、東京ビッグサイトで開 催された「2019 防災産業展 in 東京」のメインステージで受賞製品の発表と授賞式が行われた。

「災害食大賞©2019」 表彰式で(写真提供:防災安全協会)

「災害食大賞©2019」 表彰式で(写真提供:防災安全協会)

 今回の「災害食大賞©2019」には、33社70製品がエントリーされ、最終審査会で25製品に絞り、 審査員(奥田和子・甲南女子大学名誉教授ほか)による試食と災害時に必要と思われる食べや すさ、保存しやすさ、栄養バランスほかの観点から選考、各部門と特別賞の授賞を次のとおりに 決定した。

1.うまみ部門(優秀賞3品より金・銀・銅賞を発表・表彰)

①「そのまんまOKカレー」 三徳屋株式会社

②「Hotぐるべん7備蓄王鶏そぼろ玉子とじ丼」 株式会社非常食研究所

③「忍者食 ひじきごぼうごはん」 株式会社味きっこう  

奨励賞:「野菜一日これ一本 長期保存」 カゴメ株式会社
奨励賞:「ペコちゃんどこでもビスケット保存缶」 株式会社不二家  

2.アレルギー対応部門(優秀賞3品より金・銀・銅賞を発表・表彰)

①「美味しい防災食 赤魚の煮付」 アルファフーズ株式会社

②「えいようかん」井村屋株式会社

③「災害備蓄用 焚黒糖」 上野砂糖株式会社

④「備蓄氷糖」 中日本氷糖株式会社

3.新製品・セット部門(優秀賞3品より金・銀・銅賞を発表・表彰)

①「アイクレオ赤ちゃんミルク」 江崎グリコ株式会社

②「明治ほほえみらくらくミルク」 *受賞辞退  株式会社明治

③「にんべん だしがゆ~リゾット風~トマト味」 株式会社ユニーク総合防災

 奨励賞:「しっかりまんぞく。非常食セット3日分」 ファシル株式会社

4.インバウンド食ハラール対応部門(優秀賞3品より金・銀・銅賞を発表・表彰)

①「災害用備蓄食(ハラール対応食セット)」 日乃本食産株式会社

②「5095(プレミアムスピルリナ)」 ニュージーランドプラス

③「ハラール対応・7年保存3日分食品セット」 グリーンデザイン&コンサルティング株式会社

 奨励賞:「ハラール筑前煮」 アルファフーズ株式会社
 特別賞:「農協の飲めるごはん」 (一社)日本食育学会賞 北大阪農業協同組合
 特別賞:「揖保乃糸 防災食 にゅうめん」 日本防災産業会議賞 マルキ株式会社
 特別賞:「inゼリー」 (一社)防災安全協会賞 森永製菓株式会社


 「災害食大賞」審査員は、奥田和子・甲南女子大学名誉教授、田島 眞・日本食育学会会長、国崎信江・危機管理教育研究所代表、黒川勇人・缶詰博士の各氏が務めた。

 審査員を代表して奥田和子氏は、「アレルギー対応部門に新たに画期的な食品が見られた。新製品・セット部門では液体ミルクが初めて乳幼児用に開発され、災害時の心配が一挙に軽減された。また、インバウンド対応部門で外国人向けに食品表記を工夫した災害食が増え、ハラール認証を受けた食品も新たに増えたことなど、国外の災害救助も見据え減災への道標になる。災害食の発展と災害への軽減を祈る」とコメントを発表している。

>>防災安全協会:災害食大賞©2019

〈2019. 06. 24. by Bosai Plus〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です